オリーブログ-OLIVE BLOG-

☆.。.:*セキスイハイム東四国㈱ 香川支店のスタッフブログ*:.。.☆

キッチンの整備

皆さまこんにちは。

 

 

なかなか外にでかけていけないため

ラーメン欲が高まり、ついに先日

家でラーメンを作りました、企画Gの寺島です。

 

 

 

こういう時期だからこそ、

普段あまり作らないものを作るのも楽しいですね!

 

 IMG_5873.JPG

 

 

 

 

前回はお家の収納についてお話しをしましたが

 

(前回記事: 「収納の大切さ」

 

今回は家事をラクにする『環境マネジメント術』をお伝えします!

 

 

----------------------------------

 

 

おうち時間が増え、キッチンに立つ時間も増えました。

 

そこで、キッチンにおける「住まいの整備」をご紹介。

 

 

 

キッチンにおいて、効率的な作業のポイントは

ワークトライアングル

 

 

ワークトライアングルとは、

シンク、コンロ、冷蔵庫の3点を結ぶ動線の事です。

 

 

この3点が、それぞれ2~3歩で移動できて

正三角形に近い形なのが

効率のよいキッチンです。

 

 

これが近すぎると移動距離は短くなりますが

スペースが狭く作業しづらい環境に。

 

 

2~3歩より遠くなると、スペースは広くとれますが

移動距離が長くなってしまいます。

 

 

その為、キッチンの配置を行う際には

3つのバランスが大切です。

 

 

このバランスを考えて、キッチンのレイアウトや

配置を決めることで、毎日のお料理も

余計な動きをせずに作業ができます。

 

 

 

 

また、料理に使う道具の収納位置にもポイントが。

 

 

お料理をしている時、

鍋やフライパンが重なっていて取り出しづらい。

使いたい調理器具がどこにあるか分からない。

 

 

そんなお悩みを感じた事はありませんか?

 

 

キッチンが動きやすく、

調理器具も整然と取り出しやすく収納されていれば

料理の時間をもっと短縮できます。

 

まずは水まわりと火まわりを分けて出し入れしやすく!

 

 

シンク下は、ザルやボウル・まな板・

最初に水を入れる鍋など。

 

 

コンロ下には、フライパン・オイル・調味料など

火まわりで使うものを収納することで

移動時間のムダも省けます。

 

 

しまう収納の高さにもポイントが。

 

 

手が届きやすい、目線から腰までの高さには

使用頻度の高いものを。

 

 

かがまないと取れない位置や、頭の上の棚は

使用頻度の低いものを収納することで

無駄な動きなく道具の出し入れができます。

 

IMG_5872.PNG

 

機能、レイアウト、デザイン...

キッチンを検討する時に考えることはたくさんありますね。

 

 

ちょっとした配慮や工夫を加えることで

使い勝手や居心地はさらによくなります。

 

 

現在のキッチンのお悩みのほか

お住まいのお困りごともお気軽にご相談ください!

 

 

キッチン含め様々な間取りの

ご提案をさせていただきます。

 

 

まずは展示場にご来場ください。

 

 

ご予約はこちらから↓

 

ご来場・イベント予約

パソコン環境からご来場・イベント予約はこちら

 
 
資料請求

パソコン環境から資料請求はこちら

郷東展示場(2020年5月14日 17:12)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blog816.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/14110

コメントする